自民党総裁選

Pocket
LINEで送る

今日9月14日自民党総裁選討論会が行われ、当然ながら憲法と自衛隊についての討論も行われた。総裁選なので総論的な討論になりやすく、自衛隊の問題にしても法律や体制などは論じられる。しかし、実際に活動するのは自衛隊員という生身の人間であり、その個人を守らなくして自衛隊は国を守れない。総理は冒頭に「対抗馬の石破茂元幹事長が主張の柱としている地方政策に関し「問題点を指摘することも大切だが、具体的な政策を進めていくことがとても大切だ」と述べ、石破氏の姿勢を皮肉った。」という記事が載っていた。憲法問題とは別個に存在している各自衛隊員個人個人の命に関しても問題点を指摘するより具体的な政策が必要である。
安倍総理は以前「血を流してこそ同盟」と発言なさったことがあるが、これで終わらず自衛隊の流した血を止める具体的な政策も同時並行で進めてきた。応急処置の第一歩である第一線救護衛生科隊員の誕生など歴代総理の中で自衛隊員個人の安全安心健康に関して一番熱心な総理と考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です