内閣官房参与から元内閣官房参与へ

Pocket
LINEで送る

 11月27日に12月18日の記者会見が決まりました。翌28日に石原慎太郎氏同席の上、防衛省高橋事務次官との面談が12月4日に設定されました。その面談の席上、高橋事務次官から「参与の立場を考えてください」「参与の肩書があるにせよ、無いにせよ、時々話しましょう」というお話がありました。その2日後の12月7日には原内閣総務官から「参与の任期は12月28日で一応終了したいので日付の記載の無い辞表を提出してください」との連絡があり、簡易書留で書類が届きました。会見の準備に忙殺していたため提出が遅れたら19日に催促があり、提出しました。

One Reply to “内閣官房参与から元内閣官房参与へ”

  1. 佐々木先生、お久しぶりです。このサイトがなかなか探せず、やっと見つかりました。youtubeで記者会見を見ました。本当に、正当な意見が上に届かないのが残念です。先生は「価値観の違い」とおっしゃってましたが・・・石原慎太郎氏が「官僚のうぬぼれ、独善性、排他主義、外部の意見を聞かない」と見事に言い当てていましたね。そのストレートさに笑ってしまいましたが。仕事が時間外に及び、なかなか先生の講義を聞きに行かれませんが、これからもブログを拝見し、先生が発信されることをキャッチしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください