プーチン大統領は戦術核を使う覚悟ができた?

Pocket
LINEで送る

プーチン大統領は戦術核兵器の使用を考えている?!ロシア併合投票が終われば、ロシア領土を侵されたと言って戦術核を使用すると考えても不思議はない。

 2022年9月22日プーチン大統領は予備役の部分動員令の大統領署名に署名したとの報道があった。さらに「わが国の領土の一体性が脅かされる場合には、ロシアとわが国民を守るため、われわれは、当然、保有するあらゆる手段を行使する。これは脅しではない。」と言い、核兵器の使用を強調した。

 最近のウクライナ紛争において多くの人達はウクライナの予想以上の戦果に喜んでいる一方、ロシア軍のていたらくを指摘しているが、本当なのであろうか?曲がりなりにも、世界最高の軍隊と言われていたロシア軍があまりにも不甲斐ない、不思議な撤退をしており、私個人的には不可思議に思える。この原因は何なのであろうか?戦場からロシア軍を撤退させて戦術核兵器を使う心づもりでは?と勘繰るのは考え過ぎなのであろうか。味方の犠牲を防ぐため、わざと負けた振りをして撤退しているという考えは穿った見方なのであろうか。9月22日のプーチン大統領の表情は明らかに依然と違って焦燥しているようにも見えるし、また、悲壮感も漂っていた。私には、プーチン大統領の焦燥感・悲壮感の裏側には戦術核兵器を使う覚悟があるように見えてならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください