サル痘について

Pocket
LINEで送る

2022年月28日国内でサル痘の2例目が確認されたと報告されたが、サル痘にについての知識や情報が非常に少ないので、米国の情報を元に簡単にまとめてみた。

The White House : FACT SHEET: Biden-⁠Harris Administration’s Monkeypox Outbreak Responseによれば、『何年もの間、米国はサル痘の研究と病気に効果的に対応するためのツールに投資してきました。サル痘は、一般的に、発疹や発熱などの症状を伴う、密接または密接な接触によって広がるウイルスです。 COVID-19のような急速に広がる呼吸器疾患よりもはるかに感染性が低く、この発生は米国で死亡を引き起こしていません。ただし、このウイルスは米国および世界的に蔓延しており、連邦、州、地方、および国際的な政府やコミュニティからの包括的な対応が必要です。 5月18日に米国で最初の症例が確認されて以来、バイデン大統領は、政府全体のサル痘発生対応の一環として、ワクチン、検査、および治療を必要とする人々が利用できるようにするための重要な措置を講じてきました。・・・中略・・・総称して、主管庁の取り組みは、危険にさらされている個人の予防接種を拡大し、全国の医療提供者と患者にとって検査をより便利にすることを目的としています。バイデンハリス政権は、より多くの症例を検出し、危険にさらされている人々を保護し、発生に迅速に対応するために緊急に取り組むことに引き続き取り組んでいます。 新しい感染症を軽減するためのワクチンのスケーリングと提供:健康安全保障への以前の投資とサル痘ウイルスへの対応の米国の以前の経験のおかげで、米国はサル痘に対して使用できる効果的なワクチンと治療法を持っています。現在までに、HHSは32の州および管轄区域から要求を受けており、9,000回以上のワクチン投与と300コースの抗ウイルス性天然痘治療を展開しています。今日の全国的なサル痘ワクチン戦略により、米国はワクチンの展開を大幅に拡大しており、今後数週間で296,000回の接種が割り当てられ、そのうち56,000回が直ちに割り当てられます。今後数ヶ月で、合計160万回の追加投与が可能になります。…」と政府から明確な方針が述べられています。

 また、NTEC News&Blog ; EMS Response to the Current Outbreak of Monkeypox May 19 2022では、サル痘の現在の発生に対するEMSの対応、サル痘の蔓延を防ぐためのEMS戦略、サル痘の兆候、症状、および危険因子の特定、サル痘の感染が疑われる患者を管理するEMS職員のためのPPE、EMSケアにおける統制の階層の実装、サル痘患者の世話をするときの感染予防と廃棄物管理、について概説していますので、紹介します。

①サル痘の現在の発生に対するEMSの対応: サル痘は、主に中央アフリカと西アフリカで見られるまれな痘瘡のようなウイルス性疾患です。過去数年間で、サル痘の症例はアフリカ以外で検出されており、通常は海外旅行や輸入動物に関連しています。 5月18日、マサチューセッツ州公衆衛生局(DPH)は、最近カナダに旅行した成人男性におけるサル痘ウイルス感染の1例を確認しました。 CDCは、米国の症例と、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、イタリア、英国(CDC)などのサル痘の症例が通常見られないいくつかの国で報告されたサル痘の複数のクラスターを追跡しています。

②サル痘の蔓延を防ぐためのEMS戦略 :公衆衛生当局の行動を考えると、EMSの臨床医が日常業務中にサル痘に感染した人に遭遇する可能性はほとんどありません。ただし、EMSの専門家は、NETECのウェビナー「I’s Have It:Identify、Isolate、and Inform」で概説されているように、病気の蔓延を防ぐために、識別、分離、および通知の戦略に従う必要があります。

③サル痘に関連する臨床ケアと感染管理に関する追加のリソースを見つけてください。 サル痘の症例が疑われる場合は、特別な病原体輸送プロトコルの開始の可能性について州保健局に連絡してください。 状況の更新 兆候、症状、および危険因子の特定に関する情報は、2022年6月7日に公開された新しい投稿「EMSプロフェッショナル向けのサル痘状況の更新」で更新されました。 サル痘の兆候、症状、および危険因子の特定 サル痘の兆候と症状には、インフルエンザのような症状(発熱、頭痛、筋肉痛)とリンパ節の腫れが含まれます。

④サル痘の兆候と症状の詳細をご覧ください。 ウイルス症状の発症から1〜3日後、患者は発疹を発症し、顔から始まり全身を覆う小胞性/膿疱性になります。 ナイジェリアやコンゴ民主共和国などの中央および西アフリカ諸国、サル痘が報告されているヨーロッパの一部、サル痘を報告している他の地域、症例または密接な接触を含む、サル痘が流行している国に最近旅行した個人過去5〜21日間にサル痘にかかった人。 サル痘の人から人への感染を防ぐ方法 患者は、発疹の発症の5日前から、皮膚病変の痂皮形成まで感染性があると見なされます。

⑤ 人から人への感染は、6フィートまで投射される可能性のある大きな呼吸器飛沫への曝露によって起こります。また、粘膜(目、鼻、口)への曝露、体液や病変との直接的な接触、汚染された衣服やリネンなどによる病変との間接的な接触によっても感染する可能性があります。

⑥サル痘の感染が疑われる患者を管理するEMS職員のためのPPE 空中伝播の可能性を防ぐために、EMS担当者は、標準、接触、および空中の予防措置を厳守する必要があります。これには、NIOSHが承認し、フィットテスト済みのN-95呼吸器、ガウン、手袋、フェイスシールドまたはゴーグルを備えた目の保護具が含まれます。

⑦EMSケアにおける統制の階層の実装 :ドライバーコンパートメントを患者コンパートメントから分離します。 装備されている場合は、患者コンパートメントの高い位置で排気ファンをオンにします。 可能であれば、両方のコンパートメントに新鮮な空気を導入するように空気処理を調整します。 救急車の運転手は、運転室の隔離が確認できない場合はN-95呼吸器を着用する必要があります。 患者と接触する人員の数を制限します。 理想的には訓練を受けたオブザーバーと一緒に、着用と脱衣のためにPPEチェックリストを使用してください。訓練を受けたオブザーバーの役割については、NETECのガイドを参照してください。 気管内挿管、気道吸引、CPAP / BiPAP、CPRなどのエアロゾル生成手順を実行する場合は注意が必要です。これらの手順は、医学的に必要で延期できない場合にのみ実行してください。 救急車と機器のすべての表面を、EPAに登録された病院グレードの消毒剤で洗浄および消毒します。ワクシニアに対するラベル表示のある消毒剤を探してください。

⑧ サル痘患者の世話をするときの感染予防と廃棄物管理 許容される場合はサージカルマスクを患者に適用し、発疹が存在する場合は不浸透性のシートで患者を覆うことを検討してください。 患者がサル痘を患っていることを確認した場合は、輸送後21日間、病気の兆候と症状がないか担当者を監視します。 詳細なガイダンスは、「呼吸器に関する特別な注意事項」セクションのEMS感染症プレイブックに記載されています。 サル痘で汚染された廃棄物は、カテゴリーAの廃棄物病原体として管理する必要があり、特定の廃棄物処理、輸送、および最終処分プロトコルが必要です。この廃棄物がカテゴリーAの感染性物質規制から免除される可能性があるかどうかを判断するには、地域の公衆衛生当局に連絡して詳細なガイダンスを求めてください。 詳細については、CDCのガイド「カテゴリAの感染性物質で汚染された固形廃棄物の管理」を参照してください。

 岸田総理は、感染症危機管理庁の創設を謳っているが、総理及び官邸のサル痘に対する対応を見る限りは自らの危機管理能力が欠落しており、省庁を新設したところで危機管理能力が向上するとは思えない。サル痘に関する政府の方針、情報提供を図り、政府の危機管理姿勢をしっかり示すべきであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください